Photo by GettyImages

人のためなら頑張れる…内田篤人、知られざる「ケガとの壮絶な戦い」

けっして屈することはなかった

デーピングがぐるぐるに巻かれた右足から、その渾身のパスは放たれた。アディショナルタイムは残りもうわずか。逆サイドのペナルティーエリアに送られたボールを味方が必死につなぎ、最後は犬飼智也がヘディングで押し込んで同点に追いついた。

8月23日、カシマスタジアムでの鹿島アントラーズ-ガンバ大阪との一戦は、現役引退を表明した内田篤人のラストマッチとなった。

まだ32歳。しかしながらケガとの戦いを続けてきた右ひざはもはや限界だったという。鹿島の未来を後輩たちに託すような右足からの“ラストパス”。

劇的すぎる幕引きはピッチに立てば光沢を帯びてきた彼らしくもあり、これで見納めかと思うと寂しさが募る。そんな複雑な思いを抱いたファンはきっと多かったはずである。

内田を苦しめた右ひざのケガ

内田を苦しめた右ひざのケガ。だがそこには「誇り」というものが見えてくる。

ケガとの戦いが特にクローズアップされたのが2014年のブラジルワールドカップだった。シャルケの主力として変わらず活躍していたが、2月の試合中に右ひざを押さえて座り込んで動けなくなる。

Photo by GettyImages
 

診断の結果、右太もも裏の肉離ればかりでなく右ひざ裏の腱損傷が判明。4ヵ月後に控えるワールドカップに間に合うかどうかは微妙であった。クラブからは手術を勧められたというが、彼は手術を回避しての保存療法で早期復帰を目指すことになる。

日本に帰国してJISS(国立スポーツ科学センター)でリハビリを始め、ひと段落ついたところでドイツに戻り、日本代表のメディカルスタッフはシャルケに向かっている。シャルケと代表のドクター同士が密に連絡を取り合うなどクラブと代表がタッグを組んで内田を全面的にバックアップした。