〔PHOTO〕Gettyimages

文在寅が赤っ恥…「NZ大使館セクハラ事件」で問われる“国家の品格”

外交部長官の発言が外交摩擦に発展中

ニュージーランド首相が直接抗議

「韓国の国格や主権を守りながら対処を進める必要がある。相手国に対する謝罪は簡単に決められる問題ではない!」

在ニュージーランド韓国大使館の外交官が現地職員の男性にわいせつ行為をしたという問題が韓国とニュージーランドとの外交摩擦へと発展する中、康京和(カン・ギョンファ)韓国外交部長官の発言が大きな論争を巻き起こしている。

康京和(カン・ギョンファ)韓国外交部長官〔PHOTO〕Gettyimages

まずは、この発言が出てきた経緯について説明してみたい。

韓国外交官Aは駐ニュージーランド韓国大使館に参事官として勤務していた2017年11~12月、事務室で現地職員のW氏の敏感な身体部位を3回にわたって触るなど、「セクハラ行為」の疑いが持たれている。韓国外交部は2018年10月、実態調査の末、Aに「減給1ヵ月」の処分を下した。

この韓国外交部の対応に納得できなかったW氏は、ニュージーランド警察にセクハラ被害を申告し、ニュージーランド裁判所は今年2月、韓国大使館に関連資料の提出を命じるとともに、Aに対しては逮捕令状を発行した。

韓国外交部はニュージーランド外務省から同令状の執行協力要請を受けたが、「外交官免責特権」などを理由にすべて断った。

これまで韓国外交部はこの事実を非公開にしてきたが、最近、ニュージーランドメディアの報道によって韓国内でも知られるようになった。それでも韓国外交部は、「規定に沿って措置した」という立場を崩さず、Aに対するニュージーランド側の送還要請を拒否してきた。

そして韓国外交部のこうした態度は、両国の首脳間の問題にまで発展する。

 

7月28日、韓・ニュージーランド首脳電話会談で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領がジャシンダ・アーダーン首相から直接、この件に関する抗議を受けるという「国際的な恥辱」を味わうこととなる。

その後、外交部はフィリピン大使館で総領事を務めていたAに対し、「即時帰任」を命じ、現在Aは韓国に戻っている。