photo by Gettyimages

文在寅「日本叩き」で大ピンチ、日韓「共倒れ」が深刻化してきた…!

日鉄資産差し押さえ、謝罪安倍首相像…

ほかの国との貿易は減っていないのに

日韓間の貿易額の落ち込みが激しい。財務省が8月19日に発表した7月分の貿易統計(速報)によると、韓国向け輸出が前年同月比で14.1%減、輸入が21.4%減と大幅に減少した。

輸出入を合算した貿易額は16.9%減で、5カ月連続のマイナス。5月の21.8%減、6月の15.5%減に続いて3カ月連続の2ケタの減少になった。

もちろん、新型コロナウイルスの蔓延による貿易の減少が打撃を与えているのは間違いない。

 

もっとも、中国との間の貿易額は6月にプラスになったほか、7月も2.0%の減少に留まっているほか、台湾との貿易額は4月以降プラスが続いている。

photo by Gettyimages

そんな中で、韓国との貿易額が激減している背景には、急速に冷え込んでいる日韓関係があるとみられる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら