ロンドンに住むイラストレーター クラーク志織さんの新連載「イギリスのSDGs事情ってどうなのさ?」。イギリスの人たちがSDGsの理念を日々の暮らしにどう取り入れているのかを、パンチの効いた軽妙なタッチのイラストつきでレポート! 笑いと学びのつまったコミックエッセイです。記念すべき第一回のテーマは、イギリスを象徴する飲み物「紅茶」。今年の初夏に起こったあの事件について綴ります。

発端は、今年の初夏にアメリカで起こったあの事件

これまで、より多くの支持を集めるために、物議を醸したり、対立を生みやすい政治的な発言を避ける傾向にあった大企業や大手ブランドたち。昨今、そのスタンスが変わりつつあります。

例えば、2018年に議論を引き起こしたNIKE事件。スポーツ用品メーカーのNIKEが、人種差別への抗議のため国歌斉唱で起立しなかったアメリカのアメフト選手コリン・キャパニックさんを、30周年記念の広告キャンペーンに大々的に起用。彼のメッセージを支持していることを表明しました。

この広告を巡り、多くの称賛が寄せられた一方で、国家への屈辱だと捉えた人々がNIKEの商品を燃やしたり、切りつけたりする動画を次々とSNSに投稿。瞬く間に抗議運動が広がり、大きな波紋を呼びました。

そして今年の6月。アメリカのミネアポリスで黒人男性のジョージ・フロイドさんが、白人警官によって殺害された事件を機に、抗議デモ「BLM(BLACK LIVES MATTER)」が、大きなムーブメントとして世界中に広がりはじめると、さまざまな企業がBLM支持を表明するステイトメントを発表。もはや、BLMへの賛同を表明しない選択は、企業として人種差別をサポートしていることに繋がるのではないか、という風潮まで生まれました。

イギリスの2大国民的紅茶ブランド「ヨークシャティー」と「PG」を巡って、ツイッターでちょっとした騒動が巻き起こったのは、6月上旬のこと。

さまざまな企業がBLMへの賛同を次々と表明する中、イギリスの極右活動家がツイッターで「ヨークシャティーがBLM運動を支持していなくて嬉しい!」といった内容のツイートを投稿。すると、その投稿に対し「ヨークシャティー」の公式アカウントが、「もう二度とうちのお茶を買わないでください。私たちはBLMについての投稿をするために、私たち自身を教育し適切なアクションを起こせるように時間をかけているところなのです。私たちは人種差別に反対です」と、直接リプライ。