米アップル、ここへきて株価が「爆上がり」している「本当のワケ」

単なる「株高」では…ない!

アップル株が「爆上がり」しているワケ

S&P500は先週火曜日の8月18日に3,389ポイントで、史上最高値を更新しました(その後S&P500は8月21日にも3,397ポイントとなり、再度史上最高値を更新しました。)。

2月19日からほぼ6ヶ月振りのことで、この上げを牽引したのはアップル株(AAPL)です。同社の株は先週(8月17日週)1週間で8.2%上昇しましたが、S&P500の先週1週間の上昇分0.7%の6割がアップル1社の上げが貢献した計算となるそうです。今の米株市場の上げは「アップル・ラリー」と言っても良いでしょう。

Photo by iStock
 

そのアップル株ですが、先週(8月19日)米国企業として初めて2兆ドルの時価総額に達しました。アップルは7月末に予想を大きく上回る好決算を発表後、5対1の株式分割を発表しました。

先週金曜日(8月21日)のアップルの株価は497.48ドルですから、5対1の株式分割後は100ドルくらいになりますが、米国株は1株から買えますので、約10,600円あればアップルの株主になれるようになります。投資家はアップルの株価が下がることで、買いやすくなることを見越し、アップル株を買うという投資行動にでています。

そしてこれは、目先に市場全体の行方に対し不安を持っている投資家心理の表れではないかと思います。