世界標準のパットが身につく最重要技術「フォワードプレス」とは何か

集中連載「科学的ゴルフ上達法」第9回

累計10万部を突破し、ますます好調なゴルフ界の最新大ベストセラー世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法』シリーズ。

実践編」の刊行を記念した著者・板橋繁コーチへの連続インタビューは、いよいよ今回が最終回!(でも、記事末尾に、今後の新展開の予告があります!)

第9回のテーマは、パッティング。「カップにねじ込む」必勝ストロークの最重要ポイントとは?

最先端のスイング理論に基づいた「世界標準のスイング」でスコアアップを目指せ!

(取材・文/水品 壽孝)

入れられたら、入れ返す

ダスティン・ジョンソンが、初の年間王者に輝いた2019−2020年のPGAツアー。

プレーオフ・シリーズの第2戦、BMW選手権で2位につけていたジョン・ラームが優勝し、トップを走るジョンソンとの差を詰めたことで、年間王者争いは最後まで目が離せなかった。

圧巻だったのは、BMW選手権の最終日だ。6位タイからスタートしたラームは、大会を通じてベストスコアとなる64をマーク。ジョンソンに1打差をつけて暫定首位でホールアウトしたが、最終18番でジョンソンも意地を見せる。約13mの難しいスネークラインをねじ込み、プレーオフに持ち込んだのだ。

プレーオフの1ホール目。

ラームは2オンに成功したものの、カップまで約20mの距離を残した。しかも、右に大きく切れるスライスラインで、バーディはおろか、パーセーブも危ぶまれる状況だった。

しかし、ラームの打ったボールは大きく右に曲がりながらラインに乗り、ど真ん中からカップイン。この奇跡のバーディパットによって、ラームがジョンソンを下し、優勝をもぎ取ったのだ。

入れられたら、入れ返す──。まさにプロのパッティングを見せつけた試合だった。

ミラクルパットの共通点

ところで、2人のパッティングには、ある共通点があることにお気づきだろうか?

ズバリ、「フォワードプレス」だ。

ジョンソンもラームも、グリップエンドを目標方向に倒す、フォワードプレスの動作をおこなってから、バックスイングを開始している。それがよくわかるのが、プレーオフ・シリーズの最終戦、ツアー選手権の初日に、2人が同じ組で回ったときの映像だ。

この日、一方がバーディパットを決めると、もう一方が入れ返すという展開で互いに譲らず、ともにバーディを奪ったホールが、じつに5ホールにのぼった。2人のパッティングを見ると、「フォワードプレス→バックスイング」という流れは、ショートパットからロングパットまで変わらない。

2人はいったい、何のために、このフォワードプレスをおこなっているのだろうか。板橋氏に聞いてみた。

理由は、2つあるという。