日本は紛れもなく“化粧品大国”。欧米の大手化粧品ブランドが競うように“日本向け製品”を開発するほど、巨大かつ重要なマーケットを持っています。ましてや国内にある化粧品メーカーの数は数千社とも言われ、日本ほど「国産化粧品」を多く持つ国も他にありません。

そんな市場を牽引してきたブランド、群を抜く研究開発力を持つメーカー、自らマーケットを拡大してきた流通まで、「日本のビューティ」を世界に誇れるものにしてきた JAXURYの主役たちをここにレポートし、その功績を讃えます。

そもそも『JAXURY』とは?
FRaUが発信する、世界に誇れる日本の美しさ「JAXURY」を徹底解説!
>記事はこちら!

JAXURY(ジャクシュアリー)
=Japan's Authentic Luxury
~誇れる日本の素晴らしさ~

JAXURY=Japan’s Authentic Luxuryの略称である造語です。

今、私たちは、間違いなく大変な時代を生きています。

そんなときに、なぜ今、ラグジュアリー? と思うでしょうか? いいえ、今こそ、日本発の「ほんもの」=Authenticなラグジュアリーの時代なのです。

ラグジュアリーとは、「光輝くもの」という意味を持っています。時代によって、輝くものは違ってきます。今、私たちがラグジュアリーと感じるのは、非日常でしか経験できない、特別なものではありません。

「毎日の生活」の中で、生き生きと光り輝く「ほんもの」。それが、今の時代のラグジュアリーです。今、この大変な時代は、まず自分たちの足元にある素晴らしいものを、もっとよく見つめるチャンス。今こそ、日本発の誇れる日本の素晴らしさをもっと知って、私たちの進むべき道をしっかりと見定めるときなのではないでしょうか。

日本発の「ほんもの」=Authentic、「光り輝く」=Luxuryな「もの」、「こと」、「サービス」がJAXURYです。JAXURYを知ること、使うこと、愛することで、私たちの生活そして人生が「ほんもの」の「心地よさ」につながっていく……。その想いで、FRaUは、この価値に光をあて、広めていきたいと思っています。

この価値に大いに賛同された美容界の第一人者、ジャーナリスト・エッセイストの齋藤薫さんの「美」についてのJAXURYの連載がいよいよスタート。美容に興味がなくとも、そのものづくりの「スゴい、面白い、素晴らしい!」の連続リポートに、思わず引き込まれ、読むほどに、知るほどに、私たちの生きるこの日本のものづくり、美意識に驚き、感動し、自然と自信と元気が生まれてきます。「スゴいものづくりをしている国なんだ、日本は……」と。