# 日産 # 自動車 # トヨタ

トヨタ、ホンダ…コスパ最高の「海外仕様車」が日本で販売できないワケ

自動車メーカーの「怠慢」は拭えない
国沢 光宏 プロフィール

ちょうどいい車がいっぱいあるのに

ただ、これらはあくまでメーカー側の事情だ。そしてユーザーが不満なのは、そうした海外専用車の中に自分たちが欲しくなるクルマがあるにもかかわらず、それが日本では売られていないという、シンプルな話だ。

特にクルマ好きが気になっているのは、アジア向けの日本車。装備などは簡素なのは否めないが、サイズも大きすぎず小さすぎず、なにより使い勝手が実に良さそうなのだ。

国沢あれと同じものを国内でも売れよ、と思っている人は少なくないでしょう。例えば、ホンダがタイで作っている「BR-V」。背が高くて外見はSUVで、シートは3列で使い勝手もいい。僕も実際に乗ってみました。

エンジンは1500ccですからパワーがあるとはお世辞にも言えませんが、すごくよくできていました。グレードとしては「フィット」と「ヴェゼル」の中間ですから、日本で作ればおよそ170万円で作れるはずです。

ホンダ・BR-V/photo by gettyimages
 

三菱の「エクスパンダー」も東南アジアですごく売れています。ミニバンとSUVの中間的スタイルで、これも3列シート。価格も同じく170万円程度。このスペックを聞いただけで身を乗り出す人も多いはず。日本に投入すれば売れること間違いありません。

三菱・エクスパンダー/photo by gettyimages

それなのに、こうしたクルマが日本で発売されない理由はなにか。一言で言えば、メーカーにやる気がないからです。ホンダになぜ「BR-V」を日本で売る予定はないのか尋ねたところ、「車種選択にも入ってこない」という回答でした。つまり、国内に持ってきても売れないと思っているということです。