photo by Gettyimages
# 量的緩和 # 銀行

もう銀行に預金はいらない…いよいよ「りそな」が再編の風雲児となるか

3大メガバンクのおまけではない生産性

預金はもう儲からない?

みずほ銀行の8月21日の発表によれば。2021年1月18日以降に70歳未満の人が口座開設すると「紙の預金通帳」を発行するのに税込1100円の手数料が取られることになった。通帳を繰り越すのも有料とのことだ。

photo by Gettyimages

念のため、既存の口座開設者はこれまで通り無料で「紙の預金通帳」を利用できるようである。

これだけ低金利かつ借り入れ需要が低い状況だと、預金を預かっても銀行にメリットが無いどころか、むしろお荷物ということだ。

もちろん、コストの安いインターネットバンキングへの移行を促すという側面があるわけだが、預金を集めることがビジネスの上でうまみがあるのなら、顧客に不評であろう紙の通帳の有料化など行わず、両者を併用したはずだ。

 

私が子供の頃は、すべての金融機関が預金集めに必死になり、1000円が入った預金口座を開設するだけで工夫を凝らした貯金箱などの粗品がもらえた。また、銀行員には「預金口座獲得の厳しいノルマ」が課せられ、仕事柄銀行トレーダー(彼らにもノルマがあった)と付き合いの多かった私は、数十種類の1000円だけ入った預金通帳を持っていた……。