Image Credit: NASA

アポロ計画で月に残された「あるもの」に生じた謎の異変

NASA発の「月」の最新研究
「月」はアポロ計画によって人類が地球以外で唯一足を踏み入れた天体です。天文学の研究対象のなかでは私たちに最も近い天体ですが、まだまだ謎は多く残っているようです。

今月の科学ニュースでは、NASAが発表した月の最新研究と、日本の衛星「かぐや」も謎の解明にかかわった「古文書に書かれた月の怪現象」ついて取り上げます。

猛暑が続くが、暦の上ではすでに秋。昼は真夏の暑さでも、夜空の月はどこか涼しげだ。

月は秋の季語だ。『新歳時記』(平井照敏編、河出文庫)には「月は四季いずれにもあるが、特に秋の月が清明であるため、秋を月の季節とする」とある。

太古の昔から人間は月を見上げてきたが、NASAのある研究チームはこの10年間、また違った思いで月を見つめてきた。

 

月をまわる単行本サイズの的

NASAの月観測衛星「ルナー・リコネサンス・オービター※1」は、2009年に打ち上げられ、今でも月の周りを回っている。NASAゴダード宇宙飛行センターの研究者らはこの衛星に搭載された反射装置に向けて、レーザー光を送り続けてきた※2

ルナ―・リコネサンス・オービター(Image credit: NASA)

そして10年がかりで、地球とルナー・リコネサンス・オービターの間で光を往復させることに成功したことを、8月6日付けの論文※3で発表した。

成功までに10年かかったのはわけがある。レーザー光でねらう、ルナー・リコネサンス・オービター上の反射装置の大きさは15×18センチ。単行本ほどのサイズしかない。

しかも、このターゲットは月の周りを回っている。さらに、ルナー・リコネサンス・オービターの軌道にもぶれがある。月の重力が場所によって微妙に違うせいだ。

地球側の問題もあった。打上げ後の数年は、天候や、レーザー施設の運用上の問題、地球とルナー・リコネサンス・オービターとの位置関係などが原因でうまくいかなかったという。

その後、月の詳しい重力地図が作成され※4、ルナー・リコネサンス・オービターの位置をより正確に予測できるようになった。また、フランスの施設と協力して、地球の大気の影響を受けにくい赤外線レーザーを使うようにした。

NASAゴダード宇宙飛行センターから月に発せられるレーザー光。今回の研究で使われた赤外線レーザーは目に見えない(Image credit: NASA)

その結果、2018年と2019年に合計数万個の光子を送り出すと、約200個が戻ってきたという。約38万キロ(地球半径の30倍)の往復にかかった時間は約2.5秒。まばたき1、2回程度の時間だ。