結婚をきっかけに引きこもりになってしまった作者・ウラさんの実話をもとにした漫画『引きこもり新妻』(講談社の「Palcy」で連載中)。

主人公のアラサー九州人の「ウラ」は、しゃべらないタイプの関西人の夫「ツナさん」と、新婚とは思えないほどローテンションな日々を送っています。

好きな人のためにどこまで諦められる?

FRaU WEBでは『引きこもり新妻』を全3回にわたって出張短期連載。最後の回となる今回は、二人が結婚するに至った経緯を描いた第3話を紹介します。

大学を卒業後、遠距離恋愛をしていた二人。遠距離開始から1年ほど経ったとき、ツナさんがウラに大阪で一緒に暮らさないかと持ちかけます。友達も仕事も、生活のすべてが東京にあるウラは、人生の大きな決断を迫られてしまいました……。

自信を失ってしまったとき、どうすればいいのか

最終的に、ツナさんと結婚し大阪で一緒に暮らすことになったウラですが、このときの決断によって、自らが引きこもりという事態に陥るとは思っていなかったでしょう。

本作は担当編集者も次のように言います。

「仕事を退職、慣れない土地への引っ越し、はじめての同棲……。いままでの生活から大きな変化を選んだ著者。しかし、慣れない生活によって料理もろくにできていない自分を、仕事をしていない自分を、責めるようになってしまいます

この変化を、著者がどう乗り越えるのかーー。結婚を控える方の強い味方になるのはもちろん、人生で環境の変化を迎える多くの女性の味方となる作品です」

まわりの環境の変化に対応できない自分に無力感を覚え、自信が持てなくなってしまうことは誰にでも起こりうること。そんなとき、目の前にある問題にどう向き合えばいいのか、ウラの物語からヒントがもらえるかもしれません。

>>第1話「新婚生活って…」はこちら

>>第2話「遠距離恋愛、開始!」はこちら

さらに続きが気になる! 1冊丸ごと読みたい! という方はこちら!↓

著者紹介

ウラ

Palcyで発表した『引きこもり新妻』(講談社)が初作品。Twitter→@uuuuuraaaaa2