新型コロナの影響で注目を集めている「マッチングアプリ」。スマホ一つで新たな出会いを探せるため、婚活の主流となりつつあります。

FRaU webでは、実際の取材に基づいた「アプリ婚活」のリアルを、共著作家の山本理沙さんと安本由佳さんによってノンフィクション小説としてお届け。アプリの「モテ技」テクニックも満載です。

主人公はコロナ禍で孤独を極め、本気でアプリを始めたアラサー男女。「結婚とは」「幸せとは」について見つめ直していくなかで、果たして二人はベストパートナーにたどり着けるのでしょうか?

【これまでのあらすじ】
同期に勧められアプリに登録した工藤直彦だが、なぜかまったくモテない。苦戦の中どうにか留美とのデートにこぎつけるも余計な一言のせいで大失敗。アプリの女王・さくらとは音信不通。おっぱい釣り女には暴言を吐かれるなど散々なのだった。
これまでの連載「本気でアプリを始めたら」を読みたい方はこちら

アプリ婚活には鋼のメンタルが必要

『るみさん、こんにちは。さくらさんのことを報告しようと思いまして』

ブランチにやってきた駅前のカフェで、直彦はふと思い立ち留美にDMを送った。

さくらと音信不通になりしばらくは落ち込んでいたのだが、その後の佳奈美事件があまりにセンセーショナルで、もはやかすり傷にしか感じなくなった。ショック療法が効いたらしい。

『なんと音信不通になってしまいましたw』

不憫な自分が笑えてきて、ひとり苦笑しながら送信ボタンを押した。

アプリ婚活に励む男女は皆、きっとこんなふうに少しずつ精神が鍛えられていくのだろう。いちいちダメージを受けていたら続けていられない。

ちなみに留美からも、花束ランキング入りを祝うDMを2週間近く無視されている。

――でも留美さんから「どうなったか報告して」って言われたんだし。

言い訳がましくそう心で呟いたとき、思いがけずDM通知が光った。