定年後に愕然…3500万の住宅ローンで「老後破産」した夫婦の地獄

「オーバーローン」に要注意
高橋 愛子 プロフィール

競売になると安く売られてしまう可能性もあるので、何としても競売になるのは避けたかった。結局Sさんは、1300万円で自宅を任意売却し、月額6万円の賃貸マンションに引っ越した。

何とか競売は免れたが、問題は住宅ローンの残債だ。延滞金等を含めると900万円近くになった。年金収入と少しのアルバイト収入ではとてもじゃないが払っていけないし、自分に何かあった時に妻や子供に借金が相続することになる。Sさんは自己破産をすることを選択した。頭金を入れても、オーバーローンを解消できない現実である。

 

バランスシートを正常化させる

Sさんのように、想定外のことが起こったときに「どうにもならない」「売るに売れない」ということにならないために、気を付けておくことがある。

それは、住宅ローンのバランスシートを正常化させることだ。

【図1】

資産になる家を、自己資金(頭金)を入れて、足りない分について住宅ローンを組む。そうすると【図1】の(1)ように頭金とローンの合計額が、物件の価格と釣り合うような状態になる。頭金を入れているので、オーバーローン状態には陥りづらい。この状態はバランスシートが正常な状況である。

住宅ローンを返済すれば、ローン残高は徐々に減っていく。このとき物件の価格が購入時のまま維持されていれば、【図1】の(2)のように「アンダーローン」、つまり、物件価格が住宅ローン+自己資金を上回っている状態となる。現役時代に住宅ローンを返済しておいて、定年後は、住宅ローンを完済し、家だけが残っているというのが理想だ。