image by International Research Center for Neurointelligence

ロボットが教えてくれる「偏見のない世界」の作り方

認知ミラーリング技術で共感し合う社会
好評シリーズ「WPI世界トップレベル研究拠点」潜入記 第6回!

WPI(世界トップレベル研究拠点プログラム)は、異なる研究分野間、言語と文化の垣根を超えて世界の英知が結集する、世界に開かれた国際研究拠点を日本につくることを目指して2007年、文部科学省が策定した研究拠点形成事業で、2020年現在、全国に13研究拠点が発足しています。

6回目となる「潜入記」の舞台は、東京大学 国際高等研究所 ニューロインテリジェンス国際研究機構(WPI-IRCN)。「認知ミラーリング技術」の研究で知られる認知発達ロボティクス研究室の長井志江特任教授にお話を聞いてきました。

リモート時代の“人間感覚”

Zoomミーティングはなかなか良い。ぼくはけっこう気に入っている。

コロナ禍が続く昨今、同様に思っている人はけっこう多いと思う。そもそも、仕事の効率が上がる。会議場所までの移動時間がないので楽だし、なぜか必要なこと以外あまりしゃべらないので打ち合わせがどんどん進む。話を遮るような質問も会議の流れを止めずにチャットでできる。時間が来たらスパッと退出して会議終了。立ち話がないので次のオンライン会議に遅れることも少ない。

しかし、時々、退出後に不安になることがある。なんとなく結論が出ちゃったけど、みんな、ちゃんと共感してくれているのだろうか……。

面と向かって行う会議なら、言葉だけでなく表情、息づかい、細かい所作などいろいろな情報が入ってくるので相手が共感しているかどうか、なんとなく感じ取れる。オンライン会議だとこれがないので不安になる。言葉以上の「共感」を得たいのだ。

などと思っていたら、ロボットをツールにして、人と人の共感、感覚の共有などを研究している研究者を発見した。東京大学ニューロインテリジェンス国際研究機構(WPI-IRCN)長井志江特任教授。我々、WPI潜入チームはさっそく東大本郷キャンパスに向かった。

オンライン取材で、シミュレーターを擬似体験

と、いつものように書いてしまったが、コロナ禍のため、本郷キャンパスの長井研究室を訪れることは断念。オンラインインタビューと相成った(いや、Zoomミーティングは気に入ってるから、いいんですけどね)。

【写真】長井志江特任教授東京大学ニューロインテリジェンス国際研究機構(WPI-IRCN)の長井志江特任教授

「こんにちは。長井です。今日はよろしくお願いします。まずは最初に動画を見てください」

長井特任教授のパソコン画面が共有され、動画が始まった。子供のような見た目のロボットがゆっくり動いている。その隣にヘッドマウントディスプレイ(VRやARを体験する時に使うあれです)を装着した女性が座っている。