【漫画】女教師の彼氏と思い込む柴犬の「可愛すぎる姿」にほっこり! 

「かわいい柴犬マンガ……と思ったら、深いマンガ」

「コロナで、知らないうちにストレスがたまってたり、いやなことがあったりすると、なぜか何度も見に来てしまうんです」
「かわいい柴犬マンガ……と思ったら、深いマンガだったんだ……と思わされて、柴ばあのために一生懸命になっている豆柴太にとてもいやされています」

東日本大震災で出会った老人と豆柴犬の漫画が、静かに静かに広がっている。娘と孫を亡くした柴ばあと、がれきの中でぼっちになった豆柴太。

家族をなくしたもの同士の疑似家族の物語にいやされる人がすこしずつ増えている。

東日本大震災から9年がたった今、なぜこのマンガにいやされる人が増えているのだろうか?

第2回の今、漫画家のヤマモトヨウコさんに、この作品のことをきいた。

 

東北生まれではない自分が描いていいのか?

――Twitterでこの作品をはじめて、たくさんの反応がきたそうですね!

ヤマモトヨウコ(以下ヤマモト):たくさんの感想や反応をいただきました。最初は、とてもうれしくて、すべてのTwitterの感想にリプをしたり、ファボしたり、リツイートしたり……と、読んでいただいたお礼をしないと……と。

ただ、今は、その時間を封印して、一生懸命作品を描かないと……と頑張っています。いただいたメッセージや、リプは全部読んで、めちゃくちゃエネルギーをもらっています。

――東北の方からの反応も多いですか?

ヤマモト:東北の方がどう思うのか? 東北生まれではない自分が描いていいのか?が一番悩みだったので、東北の方が「描いてくれてありがとう」とメッセージをくださったのが、とても励みになっています。

メッセージだけでなく、方言指導や、震災の時の話などを、たくさんの方が聞かせてくださって、それらすべてが、キャラクターやエピソードにいかされていると感じています。