photo by Gettyimages
# 日本経済

GDP27.8%減で明らかに…!感染者増でも「非常事態宣言は無理」なワケ

大恐慌の惨劇を繰り返すな

砕け散った甘い見通し

内閣府が8月17日に発表した4-6月期の国内総生産(GDP)速報値は、予想されたこととはいえ、衝撃的な数値となった。物価変動の影響を除いた実質の季節調整値は、1-3月期と比べて7.8%減、年率換算すると27.8%のマイナスになった。

政府が事業規模230兆円にのぼる経済対策を打っていることから、一部のエコノミストの間には、リーマンショック程度になるとの期待もあったが、淡くも砕け散った。

リーマンショック直後の2009年1-3月期はマイナス17.8%だったが、それをはるかに上回る戦後最大の落ち込みとなった。

photo by Gettyimages

27.8%減という数字は、4-6月期の3カ月が1年続くと仮定した場合の数字で、最終的に2020年度のマイナスがそこまで大きくなることはない。

政府は7月30日に「年央試算」を公表しているが、それによると2020年度の成長率は「マイナス4.5%程度」。

リーマンショック時の2008年度の実質マイナス3.5%(名目はマイナス4.1%)よりも影響が大きくなると見ているわけだが、それでもこの見通しでは甘いという声が上がっている。

 

せいぜい0%から2%程度の成長しかしてこなかった日本経済が、仮に5%を超すマイナスになれば、ただ事ではない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら