photo by gettyimages
# 靖国 # 安倍晋三

政治家の「靖国参拝」だけを追いかけ回す、大手マスコミの愚

「代替参拝」もこれだけあるのに

いくら説明しても、伝わらない

8月15日、終戦記念日である。いろいろな考えがあるとは思うが、この時期になると、戦争当事者であった日本という国を意識せざるを得ない。

8月15日について、筆者は残念な体験を米国でした。今から20年以上前に米国プリンストン大の東アジア研究所に留学していたがそこにはいろいろな国からの国際関係論などの研究者も来ていた。ある日、ひょんなことから、対日戦勝記念日が話題になった。そのときの議論では、日本人は筆者一人であり、そのほかの研究者は連合国や中立国からであった。

小泉進次郎氏の靖国参拝も話題になった/photo by gettyimages
 

筆者は、当然のように8月15日と言うと、他の人からそれは違う、9月2日だといわれた。アメリカ人、イギリス人、フランス人がいたと思うが、9月2日に東京湾上のアメリカ戦艦ミズーリにおいて日本が降伏文書に調印したからだという。

筆者が、8月14日に日本政府はポツダム宣言の受諾し連合国各国に通告した、8月15日は玉音放送により国民に日本の降伏が公表された、といくら説明しても、多勢に無勢だった。

その後で、イタリア人に聞いても9月2日だといい、ロシア人や中国人も9月2日か3日だといっており、8月15日とするのは韓国人だけだった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら