緊急避妊薬(通称:アフターピル)を手に入れやすくしてほしい! そんな活動がさらに盛んになっている。産婦人科医の遠見才希子さんやNPO法人ピルコンの染矢明日香さん、#なんでないのプロジェクトの福田和子さんらが中心になって発足した「緊急避妊薬の薬局での入手を実現する市民プロジェクト」が集めた署名は、8月21日現在8万7000人以上。7月21日には6万7000人もの署名と要望書を厚労省に提出した。これを機に多くのテレビ番組でも特集され、なぜ日本ではごく普通の権利が許されていないのか議論を呼んでいる。緊急避妊薬が簡単に手に入ると安易な考えに流れるという主張がなぜまかり通るのか。

海外に行くと、特に若い人には無料で配布する国もあり、日本との「差」に愕然とさせられる。藤木桜子さんもその一人だ。藤木さんが「差」を実感した体験を寄せてくれた。

最後に外れてしまった…

これは10年ほど前、とある欧米の国に留学していた時の話です。当時のわたしは大学生で、留学先で知り合った現地学生と付き合っていました。そして他の多くの大学生カップルと同じように、私たちは体の関係に発展しました。もちろん、コンドームで必ず避妊をして行為に及んでいます。

しかしある日の夜、行為が終わって彼が抜いた時、コンドームが外れてしまいました。私は実際に見てはいないので、外れるということが具体的にどういうことかはわかりません。彼が言うには、「精子はコンドーム内にあるから多分大丈夫だけど抜いた瞬間に外れてしまった」とのことです。

多くの日本人女性と同じように避妊は男性に任せていたので、私はその言葉を信じるしかありません。「多分大丈夫だろう」と思うことしかできませんでした。

しかしそんなことは初めてだったので眠れるわけもなく、異国の地で不安な気持ちのまま眠りにつきました。

多分大丈夫、多分大丈夫、そう思い込もうとしても眠れなくなる…Photo by iStock