発覚せず、再犯率も高い小児性犯罪

コロナ禍で始まった夏休み。子どもたちだけで行動する機会も増えるため、子どもを狙った性犯罪には十分警戒が必要だ。

警察庁の平成30年の統計によると、13 歳未満の子どもが被害にあった強制性交等、公然わいせつ・強制わいせつ等の認知件数は年間995件発生。実に1日に2件以上起きている計算だが、子どもの性被害は、統計上に表れない暗数が想像以上に多いと言われている。強制性交等罪とは、口腔、肛門、膣へ陰茎を挿入する/挿入させられる被害のことを指す。ズボンを脱がせて写真を撮ること、下着に手を入れること、すれ違いざまに触ること、露出することは、公然わいせつ、強制わいせつ、児童ポルノ法違反に分類され、電車内で起きたそれらは条例違反などに問われる。

子どもたちを性被害から守るために何ができるのか──。
実際に起きた事件から、そして小児性犯罪に詳しい専門家、精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳さん、臨床心理士・公認心理師の齋藤梓さんへの取材を通して、有効な対策を考えてみたい。

コロナ禍でも、子どもへの性被害は起こっている。photo/iStock

小学生低学年のおぞましい記憶 

神奈川県に住むA子さん(40代)は、小学生低学年だったある日、遊びに出かけた友人宅で性被害に遭った。

「叔父と名乗る人に、居間のこたつの中で膝の上に乗るよう命じられました。嫌でしたが、子ども好きな人なのかな、と思って言われた通りにしました。すると、下着の中に手を入れられ、性器を触ってきたのです。逃げ出したいのに、恐怖で体が固まってしまい動けませんでした。

今起きていることは何? 混乱して答えが出ない中で、同級生が心配そうに私の顔を見つめていたことは覚えています。平気なふりをしていないと友人が困るような気がして、助けてと言えませんでした。こたつの中で、触られ続けました。途方もなく長い時間に思えました」

その後、拘束を解かれ、呆然とした状態のまま帰宅したAさんは、母親や祖母に起きたことを告げた。しかし「あとは任せなさい」と言われた。その日以来、家族の誰もそのことに触れようとしなかったという。

あの日、帰ろうとしたA子さんを友人は追いかけてきてこういった。
「ごめんね、私もお姉ちゃんも、同じことをされているの……」

「彼女が謝ってきたことで、やっぱり悪い人だったんだと納得できました。でも犯罪だと理解したのは、大人になってから。友人も苦しかったはず。あの男が『友達を連れてこい』と友人に命じたのではないか。私のほかにも、犠牲になった同級生がいたかもしれない。振り返るととても苦しくて、悔しいです」と、A子さんは明かしてくれた。

このように子どものごく身近な人間関係の中で、性犯罪が起こるケースもある。法務省の調査では、過去に二回以上児童への性犯罪歴のある者の​再犯率は、84.6%と極めて高いこともわかっている。

最近では、大手仲介サイトに登録し、保育士の資格も持っていたシッターの男性2人が、子どもの下半身を触るなどのわいせつ行為をした疑いで相次いで警視庁に逮捕された。男たちは、過去にも子どもへの性犯罪を繰り返していたと伝えられた。コロナ禍で、親がリモートワークに従事する中、壁一枚隔てた距離で性犯罪が行われたことに、世の中は騒然となった。