Photo by Getty Images
# 砂漠

なんと、9割が溺死…日本人が知らない砂漠地帯の「ヤバすぎる現実」

「恵の雨」なんてほど遠い

日照りでカチカチになった砂が…

長い梅雨の明けた8月。しつこく降り続いた雨に代わり、うだるような熱波が押し寄せている。国内でもっとも暑いとされる街は、埼玉県熊谷市である。2018年には、最高気温41・1℃を記録した。

世界ではどうだろう。現在公認されている観測史上最高気温はなんと56・7℃。1913年7月10日にアメリカ・カリフォルニア州の砂漠地帯にあるデスバレーで記録されたものだ。砂漠地帯では、8月の日中の気温が50℃を超えることは珍しくない。

1965年の名画『飛べ!フェニックス』では、飛行機が不時着した砂漠で水が残り僅かになり、極限状態に陥るシーンが描かれた。読者諸兄が砂漠と聞いて想像するのは、熱中症と脱水症状、そしてその先にある「死」ではなかろうか。

だが実は、砂漠地帯に住む人々にとっては、むしろ大量の水のほうが命を脅かす存在だ。

 
Photo by iStock

砂漠における年間降水量は、おおよそ25mm以下。これは、東京における9月の月間降水量と同水準である。こう聞くと少なく感じるが、砂漠気候の地域では、この雨量が数日間のうちにまとめて降る。

それまでまったく雨の降らなかった地表は水分がなく、砂や土が固まっている。普段の雨量が少ないため、都市部でも、雨水を通す排水溝は整備されていない。加えて、道路は透水性の高いアスファルトではなく、直射日光に耐えやすいコンクリートが多用されている。

すると、大量の雨水は地面に染み込みにくくなり、地表を流れる濁流へと変貌するのだ。

2009年11月、サウジアラビア西部にある国内第二の都市ジッダ。6時間で72mmもの豪雨が街を襲うと、行き場を失った雨水は洪水となり、106人の命を奪った。道路の上を2mも覆った雨水が、人々を溺死させたのである。

一説には、砂漠における死因の9割が溺死であるという。酷暑の中、乾いた砂漠に降る「恵みの雨」というイメージは、現地の人々の実感からは程遠いものなのだ。(森)

『週刊現代』2020年8月8日・15日号より