ケータイ事業が足を引っ張る… photo by gettyimages

楽天が大ピンチ…? ここへきて「赤字転落」で懸念される「ヤバいシナリオ」

今週の「AI株価予報」で読む

アマゾンは最高益、の一方で…

四半期で52億ドルの利益。創設26年以来最高益を叩き出したのは、言わずと知れたECサイトの巨星・Amazonである。コロナ禍のステイホーム需要の恩恵を最大限受けた企業として決算に注目が集まっていたが、7月末に発表された数字は市場に強烈なインパクトを与えた。

「増益は確実視されていたものの、コロナ対策でコストも膨らんでいたため、アマゾンはどれだけ収益をあげられるか、投資家から疑問が呈される流れもありました。ところがこの好決算により、コストをかけてもアマゾンは高い利益をあげられることを証明したのです」(アナリスト)

photo by gettyimages
 

アマゾンのようなECサイトを運営する企業は軒並み順調…であるが、ここにきて業績に「黄信号」が灯っている日本企業がある。それは楽天(4755)だ。楽天が8月11日に発表した決算では、純損失が274億円と、9年ぶりの赤字転落となってしまった。

楽天が赤字「転落」…シャレにならない事態を招いた原因はなにか。

「大きな問題は、メインとなるEC事業は好調だったのにもかかわらず、という点です。赤字転落の原因となったのは、今年4月から新規参入した携帯事業で、824億円の損失を出している状況です」(前出・アナリスト)

「大手三社を凌駕する携帯キャリアを作る」と豪語し、楽天モバイルを立ち上げた三木谷浩史会長兼社長だったが、その船出は前途多難だった。総務省から度重なる行政指導を受け、4月のサービス開始時期も、緊急事態宣言とモロに被ってしまった経緯がある。

このようななかで、楽天は電波のエリア拡大のための基地局設置や、「携帯料金1年無料プラン」キャンペーンなどの投資に膨大なコストがかかり、ECでの黒字を食い潰した形となっている。