野村克也氏が語った「リーダーにとって、『指導』よりも大切なこと」

「自分で考える力」を育てなさい
野村 克也 プロフィール

問いかけで「考える力」を育てる

指導者が選手を見ていて、「このままでは失敗をする」、「うまくいかない」とわかったとしても、それが致命的なものでないかぎり、口を挟まずに、そのまま選手のやりたいようにやらせて失敗をさせるのだ。

Photo by iStock

そして、その選手が失敗から何かを学び、課題を立てて自分なりに努力をする。その試行錯誤の過程で、アドバイスを求められたら、ようやく指導者が口を挟むというくらいがいい。

アドバイスを求められたとしても、「こうしなさい」と頭ごなしに自分の意見を押しつけてはいけない。

こうするべきだ、ということは、人に言われるのではなく、悩んでいる選手が自分で気づくようにもっていくことがコーチ、指導者の本当の仕事だ。いつも答えを誰かに教えてもらっていては、自分で考えるクセは身につかない。

また、教えられた答えより、自分でたどり着いた答えのほうが、何倍も納得して自分のものにできる。

では、どうやって悩んでいる相手に、自分自身で答えをつかみ取ってもらうか。それが、指導者からの「問いかけ」だ。質問することで相手の思考を促し、自分で答えにたどり着けるようにもっていくのだ。

私もこれまで、ミーティングや練習の際、ベンチでのぼやきなどを通じて、常に選手たちに問いかけてきた。

 

「なぜ、あの場面であの勝負球にしたのか」

「なぜ、あそこで打っていったのか」

「どうして、そういうフォームをしているのか」

など、数えきれないほどの問いかけをしてきた。