【ブラタモリ的グルメ漫画】冬の沖縄に現れる「光る畑」その正体とは?

『おいしい日本地理』第4話を公開!

今回の舞台は沖縄県

2022年の高校必修化や、『ブラタモリ』の根強い人気など、ひそかに注目を集める「地理」。

そもそも「地理」とは、単に地球上の自然環境や住民の状態を学ぶだけではない。世界経済の流れに深く関わり、民族問題や紛争の根底に存在し、自然災害と戦うための知恵を授けてくれる。その領域は非常に横断的であり「地理学と哲学は諸科学の母」という言葉も存在するほどだ。

 

そしてなにより、「食」こそ「地理」と密接な関係にあると言っていいだろう。

そんな地理の視点から日本各地のグルメを描いた、「ブラタモリ」的なマンガが『おいしい日本地理~まんがでわかる中学地理&ご当地グルメ~ 』だ。

今回、主人公が一人訪れたのは沖縄県。さとうきびにパイナップル、がっつりステーキや沖縄タコスまで、言わずと知れた名産品が目白押しである。

そんな沖縄県のグルメ事情には、島の気候と「琉球」からつづく歴史が大いにかかわっている。そして、夜の飛行機から見える「光る畑」の正体とは…。

読んで学べて“二度美味しい”、新感覚グルメマンガをご賞味あれ!

過去のエピソード