生理に対するネガティブイメージの原因とは

生理用品を買うと頼んでもいないのに、外から見えないように茶色い紙袋に入れて隠されてしまったり、生理について人とオープンに話しづらかったりと、日本はまだまだ生理をタブー視する傾向にある。そんな生理に対するネガティブなイメージを変えたいと立ち上がったのは、今年5月にローンチしたばかりの生理用品ブランド「Nagi(ナギ)」ディレクターの石井リナさんだ。ファーストコレクションとなる吸水ショーツは、なんと1週間で2000枚が完売、今も入手困難な状況が続いている。前回、石井さんのインタビューを掲載したところ、「吸水ショーツって何?」という声が相次いだ。そこで今回はプロダクトそのものについて教えてもらった。

Photo by iStock

「生理用品を選ぶことにワクワクしたことありますか? 女性にとって生理はとても身近なものなのに、残念ながらポジティブな声はあまり聞こえてきません。職場や友だち同士の間でも『◯◯のナプキンいいよ』という、生理用品に関する会話さえ少ないように思います。ちなみに、欧米も生理をタブー視している国はまだまだありますが、持ち歩きたくなるようなデザイン性の高いナプキンや、CBD入りのタンポンなど、ユニークでファッショナブルな生理用品も増えてきました。そう考えると、日本はプロダクトそのものの選択肢が少ないですよね。」(石井さん)

とはいえ、日本は他国に比べて紙ナプキンのクオリティが高く、吸水力やモレ防止など機能性に優れたプロダクトが数多く存在する。日本人女性の約7割が紙ナプキンを使っている統計もあるという。そんな中、吸水ショーツや月経カップなど、これまで馴染みのなかったプロダクトが注目されはじめ、今、日本の生理用品事情が少しずつ変わってきている。