「としまえん」とは何だったのか?「世界初・日本初」を連発したその歴史

「史上最低の遊園地。」閉園の喪失感
田中 ひかる プロフィール

「史上最低の遊園地。」

「としまえん」は毎年の広告でも注目を集めた。

筆者の記憶に最も残っているのは、1990年4月1日(エイプリルフール)の新聞一面広告である。「史上最低の遊園地。」というキャッチコピーと、「くるんじゃなかった!!」と頭を抱える父親と冷めた目をした子どもの写真に笑った。

デーブ・スペクターさんを起用した2010年冬のスケートリンクの広告コピーは、「一刻も早くすべりたいです」。駅貼りポスターが偶然、某予備校の「頑張れ受験生」というポスターと隣り合わせで掲示されてしまったという逸話も残る。

群馬県の富岡製糸場が世界遺産に登録された翌年にあたる2015年夏の広告コピーは「世界遺産」の文字の下に小さく「狙ってます。」、さらにその下に「世界最古の流れるプール50周年」とある。この夏、29万人を超える客がプールを訪れた。

こうしたインパクトある広告が見られなくなるのも残念である。