# スタートアップ

逆風に負けるな!コロナ時代を戦う「スタートアップ」に必要な3つのこと

厳しい環境でもチャンスはある
加瀬 洋 プロフィール

というのは、通常ビジネスの世界において、大企業の強さはスタートアップにとっては脅威以外の何物でもないからです。

事業スタートがうまくいったとしても、圧倒的な資金力をバックに、あとから事業をひっくり返されるリスクを抱えています。スタートアップにとって、このリスクをどのように回避するかは永遠の課題です。

しかし、現在はその大企業の体力、言ってみれば組織の規模や設備が足かせとなり、非常に苦労されています。

一方、スタートアップの強みであるスピードは、とても活きてくる市場環境にあるのです。

 

本来であれば、技術やユーザーの行動様式・嗜好といった外部環境の変化は、時間をかけて徐々に起きてくるものですが、現在はその変化がワールドワイドで短期間に起きてしまいました。

多くの人がこの状況に困惑し、対応に追われている状況ですが、それにハイスピードで対応できるのは、やはり規模の小さなスタートアップです。

さらに、多くの人が今の状況に困って、いろいろと工夫し、その場その場を凌いでいますが、これは事業という視点から見れば、多くの顕在化したニーズがあるということです。

そのソリューションを提供できれば、それは大きな売上につながります。そもそも、それは多くの人を助ける社会貢献そのものなのです。

今のこの状況は、スタートアップのみなさんの努力とひらめきからもたらされる具体的なサービスを必要としています。

ぜひ、今の状況を前向きにとらえて、目の前の困っている人ひいては、 日本や世界を救うサービスを展開していってください。

みなさんの取り組みは、とても大きな可能性を秘めているのです!