Photo by iStock

“エコバッグ・バブル”に沸くアパレル業界…「本来の目的」を忘れていませんか?

節約志向もいいけれど

プラスチック製レジ袋の有料化が始まって2ヵ月を迎えようとしている。

当初こそ消費者からは困惑の声も出たが、日を追うごとに徐々に定着。現在、大手コンビニではレジ袋辞退率が70%を超えているという(セブン75%、ローソン76%、ファミリーマート77%) 。 

レジ袋辞退率が有料化以前の25%程度から大きく伸びた理由は、「地球環境を意識した」というより、「節約志向」のほうが大きな動機となったのではないかと思う。

そこで今回は、にわかに活気づくエコバッグ商戦についての取組事例を紹介しつつ、今後のエコバッグのあるべき姿について考えてみたい。

大ヒットしたアパレルエコバッグも

本格的なコロナ禍が始まる3月、店頭に並んでいたのはアダストリアグループの旗艦ブランドである「GLOBAL WORK(グローバルワーク)」。

同ブランドの雑貨ライン、G.W.G.G(GLOBAL WORK GENERAL GOODS)では生産工程で廃棄していた生地を再利用して作ったエコバッグ(税別500円)を「Re BORN To BAG」として販売。エコバッグに力を入れるアパレル企業の代表例となった。

洋服の残反をリサイクルした、グローバルワークのエコバッグ
 

他にもユニクロは、無地のエコバッグを税別190円で販売。また、アパレル以外ではLOFT(ロフト)が有名アートディレクターデザインのオリジナルエコバッグ (税別300円〜500円)を数量限定で販売するなど、競合他社と差をつけるため、価格やデザインで個性を出す様子が見られた。

その中には、レジ袋有料化前にはありえなかったであろう、エコバッグの大ヒット商品も生まれている。