白馬の王子様なんて、ただじっと待っていてもやってこない。

そんなことは30歳を過ぎた頃から薄々気づいている。かと言って自ら『モテ』を研究し男に媚びるように婚活に精を出すなんて、イタイ女のようで絶対にできなかった。

しかしここまで来たら、もう振り切るしかない。コロナ禍の悲痛な孤独生活と比べれば、多少のイタさなんて痛くも痒くもないはずだ。

『一緒に映画を観て、楽しくワインを飲める男性と出会いたいです』

ベッドの上でスマホに向かいながら、留美は徳光に言われた通り『1:1の法則』を意識して自己紹介文を書き換える。

さらには改めて写真も念入りに選定し、少し迷ったが夏らしく手足を露出した写真も載せてみたのだった。

-AD-

人は「競争率の高さ」に価値を感じる

驚いたことに、徳光のアドバイスの効果は絶大だった。

これまでもアプリの感触はそう悪くなかったが、本気度の高そうなアプローチがグンと増えたのだ。

花束も順調に増え、ちょうど1000本を超えた。この調子ならランキング入りも時間の問題だろう。

――うわ、すごい美青年……。

メッセージを物色していると、『S 30歳』という男に目が止まった。スーツ姿で微笑む彼は、少女漫画のヒーローのような、やや現実離れした美しい顔をしている。

――これ、アプリ加工じゃないわよね?

まるで星が浮いているような綺麗な目と、人形のように整った骨格。『経営者・役員 2000万円~3000万円』というステータスも申し分ない。

よく見れば彼の方も多くの花束を贈られており、ランキング5位に輝いていた。

『人はな、競争率の高いモノに価値を感じるんだよ』

徳光はそんなことも言っていたが、一理ある。アプリとはいえ、モテる男にアプローチされるのは気分が良かった。

ふと、「ランキング1位のさくらさん」と嬉しそうに話す直彦の顔が頭をよぎる。

なぜ、あの男がいちいち気になるのか分からない。

ただあの表情を思い出すと、留美は無性に腹が立った。