食のスペシャリスト&グルメに精通する識者で構成される「FRaU Foodies」のグルメ連載では、今イチオシの料理やスイーツなどをお届けしています。今回は、1日3食カレーの日があるほどのカレー好きという女優の奈緒さんが、スープカレーにハマるきっかけになった店を教えてくださいました。

奈緒さんが今までに紹介したカレー店はこちら▶︎

野菜たっぷりでとってもヘルシー
サラリとした和風スープカレー

私がスープカレーにハマったきっかけのお店です」。種類を問わず様々なカレーを食べる奈緒さんが、スープカレーに好印象をもった店が東銀座にある「イエロースパイス」。

2012年のオープン以降、とんこつベースに和風だしを加えたオリジナルスープで幅広い世代から支持され、ミシュランガイドのビブグルマンを2016年と2017年に獲得。大阪・北堀江にも店舗を構える人気店です。

「店内に『スープカレーの食べ方は自由』といった案内があり、『スープカレーの食べ方の正解がわからない……』スープカレー初心者だった私にはとてもやさしいお店でした

一般的な食べ方は、ライスをスプーンにすくって、スープカレーにつけて食べるそう。中には、いきなりライスをすべてスープカレーに入れて食べる人もいるとか。それだけ自由度の高いスープカレーですが、やっぱり美味しい食べ方が知りたい! という人向けに、店前の黒板に「おいしいスープカリーの食べ方」が書かれています

それによると、

1.ターメリックライスをスープカレーによーくひたして食べる。
2.ターメリックライスの上にスープカレーをたーっぷりかけて食べる。
3.ターメリックライスとスープカレーを交互にひとくちずつ。別々に楽しむ。
4.いろいろ試したあと、最後は残ったターメリックライスをスープカレーの中に入れていただく。

とあります。

メニューを開くと、選べるスープ5種類やトッピングに心が躍ります

奈緒さんのおっしゃる通り、スープカレーのスープは5種類。和風だしを加えたとんこつベースで小麦粉不使用、野菜たっぷりのスタンダード「黄」。それにトマトとガーリックを加えたさっぱり系の「赤」。豆乳を加えたマイルド系で女性に人気の「白」など。

+93円で、旨みたっぷりのエビスープにアップグレードできます。さらに、辛さは10段階。2段階目が中辛で、最大の10は+273円。反対にココナッツパウダーで甘くすることも可能。こちらも10段階になっています。

トッピングはなんと約40種類! 野菜にチーズ、ザンギやハンバーグまで多様なラインナップです。これだけあれば組み合わせが無数に広がり、何度来ても飽きません。毎日のように通う方がいるのも納得です。

スープカレー チキン(骨付き/骨なし。写真は骨付き)¥1000

その中で一番人気が「チキン」。ほか具材はニンジン、ヤングコーン、いんげん、水菜に、素揚げされたじゃがいも、かぼちゃ、旨ゴボウ、ナスなど8種類の野菜に、ゆでたまごが入ります。

この中に奈緒さんお気に入りの具材があります。それがこちら!

なんといっても旨ゴボウ。ゴボウはぜひ追加でトッピングしていただきたいくらい美味しいです」。

旨ゴボウは、下味をつけた状態で素揚げされ、甘みが増幅。食感の良さと噛むごとに広がる味わい深さに、ハマること間違いなしです。

やはりダシの入っている和風スープだけあり、和の食材との相性が抜群。メインの具材である鶏モモ肉は、ダシの旨みをじっくり吸ってほろりと柔らか、それでいてもともとの身質がしっかりしているから食べ応えがあります。