福田康夫・元首相が明かした「父・赳夫のこと」「公文書管理のこと」

「安倍一強」とは違う、戦後自民党の姿
福田 康夫 プロフィール

田中内閣に入閣時の「交換条件」

井上 本書(『歴史劇画 大宰相』)で描かれる福田氏は、派閥抗争で敗れたことへの“復讐”が強調されています。しかし、こうした福田像は、田中角栄氏や大平正芳氏から見たイメージが強く投影されたもので、実像とは大分違うのではないでしょうか。たとえば、田中氏に総裁選で敗れたにもかかわらず、しばらく後に入閣して田中政権の立て直しに協力しています。それは私利私欲ではなく、「身を殺して以て仁を成す」という上州人の気質が表れているように思えます。
  
福田 「日本列島改造論」による景気過熱が引き起こした物不足と地価高騰、そこに第四次中東戦争勃発を契機とする第一次オイルショックが追い討ちをかける形で、1973年から急速にインフレーションが進みました。赳夫はこのインフレを「狂乱物価」と名付けて政策転換を主張しましたが、その最中に大蔵大臣の愛知揆一氏が急逝し、赳夫は田中氏から後任になってくれないかと要請されます。

田中角栄氏(中央)〔PHOTO〕Gettyimages
 

このとき赳夫は、日本列島改造論の封印と、自分の政策に口を出さないことを条件に引き受けました。大蔵大臣就任後すみやかに公共事業の削減、定期預金金利引き上げによる総需要抑制策に着手し、さらに三木武夫内閣の副総理として、労働大臣の長谷川峻氏らとともに、当時強い勢力を持っていた労働組合のトップを説得、賃上げ要求を思いとどまらせることまでしました。

赳夫は当初、「日本経済、全治3年」と言っていましたが、結果的には3年かからずにインフレは収まります。もしあのとき赳夫が大胆な政策を断行していなければ、日本が国家破綻していてもおかしくありませんでした。国家全体の利益を常に考えていたからこそ田中氏に協力したのです。