# 銀行

銀行の終焉はあり得るのか? 核心「融資ノウハウ」があれば生き残るが

預金集めだけの地銀の将来は暗い
大原 浩 プロフィール

決済業務はコモディティ・ビジネスである

5月12日の記事「『ペイペイキャンペーン』という無間地獄を生み出した『経営の愚さ』とは」で述べたように、雨後の竹の子のように乱立する「ナントカペイ」はいくら頑張っても高収益ビジネスとしては発展しない。

「お金」はバフェットの言うところの究極の「コモディティ」であり、商品そのものに差をつけられないからだ。

例えば、三井住友銀行で引き出した1万円札とみずほ銀行で引き出した1万円札のデザインが異なれば「偽札事件」として大騒ぎになるであろう。お札はどこであっても寸分たがわぬ同じものでなければならない。

また、同じく三井住友銀行の預金口座の100万円の残高の価値と、みずほ銀行の預金100万円の価値も全く等価である。そうでなければ金融システムが成り立たない。

だから、資金決済業務においていて差をつけるのは難しい。

そもそも、一般消費者が「資金決済」において手数料を負担することはまずない。送金手数料はあくまで送金するための手数料であり、資金決済のための手数料ではない。

例えば、口座引き落としをされるときに、引き落とされる側が手数料を支払うだろうか? また、クレジットカード決済をするときに利用者が決済手数料を請求されるだろうか?

ナントカペイにおいても状況は一緒である。

 

したがって、消費者から見れば、どれを使っても利用料はゼロなのだから、融資機能(カード・ローンやリボ払いだけではなく、決済日まで支払いを先送りできるのも実質的融資機能)などの「おまけ」が多いクレジットカードに優位性があるのは当然である。しかも、クレジットカードは一足先に普及していてなじみもある。

編集部からのお知らせ!

関連記事