羽織りとしても使えるバンドカラーシャツ

ユニクロユーのシアーバンドカラーシャツも人気アイテムのひとつ。バンドカラーとは、ネックラインに帯状(バンド)の襟がついたスタンドカラー(立襟)の一種で、首回りをすっきり見せて、清潔感のあるイメージを与えます。シャツとしてはもちろん、Tシャツやワンピースなどの羽織りとしても使いやすいデザインとなっています。

タウンユースの羽織りとして着用するときは、つるんとしたテクスチャのエアリズムよりも、コットン素材と合わせると、カジュアルなこなれ感が出ます。

シアーバンドカラーシャツ(長袖)(2990円+税)[UNIQLO]

トレンドのバンドカラーの長袖シャツは、透けにくい素材もラインナップされています。適度な厚みがあり、きれいなドレープを楽しめるしなやかなレーヨン素材。ボタンが見えないように、前立を二重にした比翼仕立て(フライフロント)になっていて、カジュアルな印象を抑えています。

ヒップが隠れる丈なので、裾をインしてもしなくても、きれい目な印象になります。カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、ベージュ、ブラウンの4色。ビジネスシーンでも使いやすい素材、デザイン、カラーとなっています。

レーヨンバンドカラーブラウス(長袖)(1990円+税)[UNIQLO]
左上から時計回りに、エアリズムシームレスVネックブラキャミソールベージュ、同グレー、エアリズムブラタンクトップグレー、同カーキ [UNIQLO]

4色のインナーにレーヨンバンドカラーブラウスのホワイトを重ねてみました。

最もインナーが透けないのは、左上のベージュのキャミソール、最もインナーが透けるのは、右上のグレーのキャミソールという結果になりました。その日の着こなしによって、同じグレーでも濃淡の違いを選択肢に加えてみてもよいでしょう。

下段のタンクトップは、どちらもブラウスの上からタンクトップの形が薄っすらと浮かび上がります。タンクトップが過度に目立つわけではありませんが、フェミニンなブラウスにはややミスマッチな印象を受けます。

-AD-

これまで見てきたように、トップスとインナーの組み合わせは簡単なようで、意外と奥が深いようです。今年の夏は、シアー素材のトップスで視覚的な涼やかさを楽しんでみてはいかがでしょうか。