夏本番!透け見えしない下着の色は?

8月は年間を通して最も気温が高くなるため、肌の露出が増えます。盛夏のファッションで最も重要なのは、インナー(下着)です。胸元や脇からインナーが見えしないように、トップスのデザインに合ったインナーを選ぶことが大切です。

今年は、シフォンのような透け感のあるシアーな素材が流行しているため、文字通り「薄着」になります。スカートやパンツなどのボトムスには、あらかじめ裏地がついているものが多いですが、ブラウスやセーターなどのトップスは、インナーとして着用するキャミソールやタンクトップなどとのコーディネートが重要になってきます。

インナーの中で透けにくいと言われるのは、ベージュとブラックの2色です。明るい色のトップスにはベージュを、暗い色のトップスにはブラックをというように、ベージュとブラックのインナーを使い分けることによって、さまざまな色のトップスを着こなすことができます。

ベージュやブラックに続く3つ目のインナー色として注目されているのが「グレー」。ベージュよりも意外にグレーの方が使えるとも言われています。そこで今回は、ユニクロの新作を例に、トップスとインナーのコーディネートを見ていきましょう。

エアリズムのブラトップ

ユニクロの夏のインナーといえばエアリズムのブラトップ。ブラトップはキャミソールとタンクトップがあり、それぞれ生地や形のバリエーションがあります。今回は、ランジェリー感覚のVネックキャミソールとスポーツユーティリティのタンクトップから、グレー系(濃淡)とベージュ系(濃淡)の4色をピックアップし、透け感を検証してみました。

左上から時計回りに、エアリズムシームレスVネックブラキャミソールベージュ、同グレー、エアリズムブラタンクトップグレー、同カーキ(すべて1990円+税)[UNIQLO]

どちらもネックラインが深いので、胸元の開いたトップスから見えにくいようになっています。キャミソールは肩ストラップなので、肩や背中の露出が大きくなるため、主にインナーとして着用します。肌の露出が少ないタンクトップは、スポーツシーンを中心に、インナーとトップスを兼ねたウェアとして着用することも想定されています。