Photo by iStock

コロナ禍で自粛する日本人は、味方を叩いて政府を甘やかし、損をする

自己中、マンデヴィル、必要悪③
帰省先に「帰って下さい」の張り紙、マスクをあえてつけない「クラスターフェス」など、奇妙な人々の存在と行動が世間を賑わせている。コロナ禍をめぐって日本国民は何を考え、どう振る舞えばよいのか、京都先端科学大学講師の甲田太郎氏が、18世紀英国の思想家マンデヴィルをもとに読み解きます。

第1回:政府を甘やかさないよう、日本人はもっと「自己中」になろうよ

第2回:自粛する日本人が、強欲の必要性を説いたマンデヴィルに学ぶべきこと

帰省したら「帰って下さい」の張り紙

コロナ禍の中で、青森県の帰省先の玄関に「帰って下さい」という張り紙をなさったお方は、もしかして光栄にも私の「自己中のすすめ」に共感して下さったのでしょうか。

残念ですが、わざわざ玄関に張り紙をしに行くその奇妙な思いやりの時点でアウトとさせて頂きます。もし本当にあなたがそのお家に感染のリスクを感じるなら、そこに行かなければ済むことです。もっとシンプルな自己中をおすすめします。

今の日本の惨状を、18世紀英国の思想家バーナード・マンデヴィルならあざ笑うはずです。

バーナード・マンデヴィル

まやかしの利他心が暴走して政府の懐事情に同情し、給付金をもっとくれと言えない国民。自己中な国民の誘導・調整が仕事であるはずが、哲学者や宗教者のように欲望の抑制を一方的に求めるだけの政府。共に歪んでいます

自粛や休業に対する充分な補償を用意せずに、単なる「宣言」「要請」「呼びかけ」という無責任な呪文だけで国民を管理しようとする政府は、国民の思いやりに甘えきっており、無策を通り越して卑怯であるとさえ言えるでしょう。

このような政府を許し、「政府に責任を押し付けないで国民みんなが頑張らなくちゃ」と小学校の学級会のように空虚なかけ声で乗り切ろうとする国民も、自虐趣味はほどほどにすべきです。

テレビで知事が呼びかけただけで全員が帰省をやめるなんて、人間の性向としてあり得ない。よその国の人ならそう思うはずです。無策な政治家への批判を国民が遠慮するのはなぜでしょう。帰省する人にいちいちかみつくより、その原因を作った為政者を叩いた方が、自己中なあなたにはずっと楽なはずです。

 

「クラスターフェス」は自虐趣味

「帰って下さい」の匿名張り紙に共感する人も、一部ですがいらっしゃるようです。「私だって自粛を守っているのに」という意見もありました。単なる「呼びかけ」を「守る」必要なんかありません。帰省がどれだけ大事かは、その人の価値観によります。

元々ただの呪文でしかない緊急事態宣言が解除されたら、ますますやりたい放題になって当たり前です。人間本性の利己心によって動く全ての国民をいちいち批判するのは、利己的観点からも面倒ですから後回しにしましょう。

責任は政府にあります。全ての国民が自己中でも困らない政策を考えるのが政治家の仕事です。国民みんなが思いやりだけで動けるなら、政府の存在意義は一気に小さくなります。

渋谷の「クラスターフェス」は、充分な補償がない中での自粛モードによる歪みが極限まで行った結果でしょう。ミュージシャンとして有名音楽フェスにいつか出演するのが夢である私としては、フェスなんて名称は不愉快ですが、欧米の反自粛的デモに比べると、利己心の発現がまだまだ足りません

そもそも、この「フェス」の参加者に何の得があるでしょうか。

たとえ「コロナは風邪」という信念をお持ちでも、うつされたらいやでしょう。私はただの風邪だって引きたくありません。わざわざクラスターを作るためにみんなで電車に乗り込むという異常行動は、自虐趣味の上級者だと思います。

他人への迷惑の件はここではあえて言及しません。まずはご自身にとって得かどうかを考えて頂きたいのです。

自粛がいやなら、そうシンプルに叫ぶのが一番です。こんな、新型コロナだろうと風邪だろうとご自分が感染するために悪戦苦闘するのはただの自虐趣味であり、政府にとって無視する存在でしかありません。