黒や赤がメインの衣装が多い/photo by gettyimages

「妖艶CAスケーター」トゥクタミシェワの「美ヒップ」がスゴイ…!

インスタのセクシーショットが話題に

日本のファンに衝撃を与えた

2019年4月のフィギュアスケート国別対抗戦。会場のマリンメッセ福岡、いや日本全体を騒然とさせたのは、ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワの、エキシビジョンでのあまりにも「セクシーすぎる」演技だ。

エキシビジョンならではの大胆な衣装/photo by gettyimages
 

キャビンアテンダント(CA)をイメージした、胸元の大きく開いた衣装で登場したかと思いきや、演技中にいきなりジャケットを脱ぎ捨て、ほぼ下着のような姿で滑り続けるトゥクタミシェワ。

実は2018年にも、トゥクタミシェワは同様のスタイリングの衣装でエキシビジョンに臨んでいる。恍惚とした表情での演技のなか、ブラジャーのホックが外れそうになり、ヒヤヒヤしながら見守ったフィギュアファンも多いことだろう。

世界ジュニア時代から女子フィギュア界のトップクラスでしのぎを削ったトゥクタミシェワは、23歳になり、20-21年シーズンを迎える。15-16シーズンに世界女王に輝いた実力もさらに磨きがかかることながら、演技力やルックスにも、さらに「大人の魅力」が増している。

世界中がロックダウンの渦に飲み込まれていた時期にセレブの間で流行した「ピローチャレンジ」。一糸纏わぬ姿を枕でドレスのように隠すというチャレンジで、トゥクタミシェワもインスタにその写真を公開。枕で隠しきれなかったヒップラインの素肌があらわになっていおり、ファンを騒然とさせた。

「ピローチャレンジ」から抜群のスタイルがチラリ/photo by gettyimages