“ヒョンビンロス”がぶり返す…『愛の不時着』へと続く高貴なるフィルモグラフィー

コロナ禍の日本で韓流ドラマブームに火をつけたドラマ『愛の不時着』。この作品の主演俳優ヒョンビンは、韓国の芸能界でデビュー以来17年間もトップの座に君臨し続ける名実共に韓国を代表する名俳優だ。『愛の不時着』でヒョンビン沼に落ちた多くの日本人女性のために、彼の高貴なる魅力を、もう一度振り返ってみたい。

韓国を代表するイケメン俳優

一際目を引く容貌のヒョンビンは、芸能界にデビューすると同時に大衆を魅了した。

ヒョンビンの写真をもっと見る

2003年、21歳で『ボディーガード』という長編ドラマを通じて芸能界デビューを果たす。女優に付きまとうストーカー役で、たった3話だけの出演だったが、端役に似合わない彼の秀麗な容姿は視聴者から大きな反響を得る。業界関係者もすぐにヒョンビンに注目するようになり、その後多くの映画やドラマからラブコールを受けることになる。

2004年には、若手俳優の登竜門といわれる青春シチュエーション・コメディー『ノンストップ4』にレギュラー出演を果たす。韓国版『フレンズ』と言われるこのドラマで、ヒョンビンはレギュラーといっても、主人公の友人という、台詞もほとんどない役を与えられた。

ところが、製作陣が予想もしない爆発的な反響によって彼の出演シーンは徐々に増えていき、中盤以後、都合により主演俳優が降板すると、ヒョンビンが主人公になるという“異変”が起きた。

同年に出演したドラマ『アイルランド』では、自分を裏切った妻を変わらず愛し、守り抜く純情な男の役を演じ、またもや共演者たちを圧倒する人気を博す。ヒョンビンは、このドラマで新人俳優賞を受賞し、一躍、主演級俳優として急成長を遂げる。

生まれ持った甘いマスクに切れ長の目、そして低音の安定した声が魅力の彼は、デビュー当時から主演を凌ぐ存在感を発揮し、この年、一気に韓国女性の心をつかむ青春俳優として躍り出たのだった。

ヒョンビンの写真をもっと見る