photo by gettyimages

アメリカ人の友人から言われた「終戦記念日」に対する意外な一言

「戦後」という概念がない?

アメリカ現地での報道は?

日本人なら誰もが感慨深い気持ちになる8月15日の終戦記念日。アメリカの主要メディアでも、毎年8月上旬になると必ずや第2次世界大戦の回顧や日本での戦没者追悼式典などがニュースになる。

今年もいくつか記事が散見された。例えば「Why the U.S. Dropped Atomic Bombs on Japan」(なぜ米国は日本に原爆を投下したのか)、「How We Retain the Memory of Japan’s Atomic Bombings: Books」(日本の原爆の記憶をいかに維持するか)(共にニューヨークタイムズ紙)や「Americans insist the atom bomb ended the war in Japan — ignoring its human cost」(アメリカ人は原爆が日本の戦争を終わらせたと主張 — その人的被害を無視しながら)(ワシントンポスト紙)など。当地でもこれらの記事を見た人々は、過去の大戦を振り返った。

photo by gettyimages
 

ただし原爆投下や終戦について、人々の会話の中で話題に上るかと言うと、筆者の周りを見てもそれほど議論の対象にはなっていない。

2001年にアメリカで起こった世界同時多発テロについて、日本でもニュースとして毎年取り上げられても、人々がその話題について日常の会話ですることがないのと同じである。1941年の真珠湾攻撃も然り。デリケートな内容であるが故、万が一話題に持ち出す際には、政治問題同様に細心の注意が必要なのだ。