# ふるさと納税

ふるさと納税は「8月中に」やっておいたほうが絶対にいいワケ

今だけしか利用できない制度がある
丸山 晴美 プロフィール

コロナ「緊急支援品」をゲットしよう

スーパーではなかなか買いづらい、天然のメバチマグロもワケありならお得です。「鹿児島県いちき串木野市 訳あり、期間・数量限定天然メバチマグロ赤身約1キログラム(1万円)」。こちらも商品切り替えで在庫限りとなっているようですので、決めるのなら今のうちです。

これだけの量のお肉が手に入る、というのでオススメなのが、「鶏肉」です。「宮崎県木城町 九州産若鳥手羽元揚げるだけスパイシーチキン8キログラム(1万円)」なら、冷凍庫がいっぱいになるほどの鶏肉が届き、いざという時に重宝します。

ここ最近、スーパーで見ると値上がりしている青果ですが、フルーツならワケありを駆使すると、たくさん食べられます。和歌山県美浜町の「11月発送ご家庭用完熟有田みかん6キログラム(5000円)」は、5000円の寄付からできる手軽さも魅力です。

有田みかんもお得な返礼品のひとつ/楽天より
 

ちなみに、ふるさと納税の返礼品をお中元やお歳暮など贈答品として利用することもできます。こちらのみかんのように、「ご家庭用」と入っているのは、その名の通り自宅で楽しんでください、という体で用意されているものです。

ワケあり品は通年で用意されているものもありますが、このご時世だからこそ出品されているものもあります。コロナの影響で著しく消費が減った農水畜産物や特産品などを消費拡大を目的とした「緊急支援品」です。

「緊急支援品」に含まれるのは、学校の休校でキャンセルになった食材や、外国人観光客の減少により土産物として売られている名産品や特産品、工芸品など、ホテルや飲食店へ卸す予定だった食材、大型イベントで出す予定だった食材や土産物と多肢に渡ります。中には、ブランド牛やブランド米、フルーツなどの高級食材などもあり、お肉でも通常の返礼品よりも増量されていたり、なかなか普段では手に入らないものだったりします。

編集部からのお知らせ!

関連記事