# 自動車

日本一車が汚れやすい?! 鹿児島のカーディーラー直伝「5分間洗車術」

火山灰にも負けないプロのテクニック

気温が高い夏は本来は洗車のしやすい季節。しかし全国各地で猛暑が続く中、二の足を踏む人も多いのでは?  

ところが、「洗車は、タオル1枚、5分あれば大丈夫です」と話すのは、フォルクスワーゲン鹿児島・中古車部課長の有馬純さん。5分間で洗えるなら、億劫さも感じずに済みそう。有馬さんに、その「洗車術」のコツを教えてもらいました。

火山灰に負けないプロの洗車術

鹿児島といえば、雄大な姿を見せる活火山・桜島が有名です。毎日のように噴煙を上げる桜島は、そのたびに周囲に火山灰をもたらし、桜島から約10キロの位置にあるフォルクスワーゲン鹿児島にも、もれなく火山灰が降り注ぎます。特に夏場は東風に乗って火山灰が大量に降るため、展示車が汚れてしまうのが悩みです。そんなわけで、鹿児島は、実は日本一車が汚れやすい土地柄と言えるのかもしれません。

有馬さんは、カーディーラー勤務30年のベテランで、長年の経験から、手早く、キレイに車を洗い上げる技を持ち合わせています。

フォルクスワーゲン鹿児島・中古車部課長の有馬純さん

有馬さんの仕事は、毎朝の洗車から始まります。特にフォルクスワーゲン鹿児島の洗車は徹底したものです。営業開始1時間前には、社長を含む社員総出で洗車を開始。30~40分を洗車の時間とし、40台ほどを洗い上げます。ピカピカの車が並ぶ展示場は実に気持ちがいいもの。しかし、1台にかける洗車時間は約5分。スーツ姿のまま行う、スマートな洗車術を追ってみましょう。

 

目からウロコの洗車ポイント5

洗車が億劫になる要因は、間違った方法で、余計に手間がかかる状態を作り出しているから。まずは有馬さんに聞いた、目からウロコの洗車ポイントをお伝えしましょう。

次ページをご確認ください。