photo by iStock

いますぐできる!自宅のネットが遅いときに確認したい「チェックポイント」

Wi-Fiルーターを床に置いてませんか?

新型コロナウィルスの影響で自宅でリモートワークが増えたかたも多いと思います。打ち合わせやミーティングといえばテレビ会議、仕事の書類のやり取りも全てオンライン、と仕事の仕方が一変したという人もいるでしょう。

そうなると気になるのが自宅のインターネットの回線速度です。途切れがちで音がつぶれたテレビ会議でお互いにイライラを募らせたり、なかなか目的のファイルがダウンロードできなかったりと、ネット速度が遅いことは大きな足かせになります。

そこで今回は自宅のネットが遅い場合にチェックしたい、初心者には盲点となりがちなポイントについてまとめてみたいと思います。

photo by iStock

まずは「現在の回線速度」を知ろう

まず最初に基本を確認しておきましょう。たとえ最新の高速な光回線を引いていたとしても、パソコンそのものや、つないでいるネットワーク機器が古い場合に、そのスペック以上の性能は出せません。

最近のコンピュータなら問題ありませんが、もし古いパソコンを使っている場合には、ネットワーク機器の速度がどの程度なのか調べておきましょう。たとえば一口にWi-Fiといっても、スマートフォンが普及し始めた頃の802.11gという規格と、現在主に使用されている802.11ac、去年から登場した802.11axといった規格では速度はまったく異なります。

使用している規格はWi-Fiルーターやネットワーク機器本体に書かれていることがほとんどですので、一度確認することをおすすめします。

テレビ会議がよく落ちるひとに質問してみたら、高速な有線接続ではなく、ひと昔古いWi-Fi規格で接続していたなんてことは、意外に起こりがちなミスなのです。

Googleで「スピードテスト」と検索、「速度テストを実行」を押すと回線の速度の計測が始まる

次に、回線の正確な速度も調べておきます。これにはGoogleで「スピードテスト」を検索すると表示されるツールを使うのが楽です。ボタンをクリックするだけで情報をダウンロードする下りのスピードと、アップロードする上りのスピードも測定し、「HD動画を複数ストリーミングできます」といったような、具体的な速度の目安を教えてくれます。

スピードテストは一度ではなく、繰り返し何度か実行します。しかも朝、夕方、深夜、平日や休日といったように、ある程度広く情報を集めておくと回線が遅い場合の問題の切り分けにつながります。