photo by gettyimages

東出復帰の一方で、唐田えりかは沈黙…それでも女優復帰を望む声が挙がるワケ

参考にすべきは斉藤由貴?

厳しい状況なのは変わらないが…

7月23日公開の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が順調な興行成績を挙げている。当初はメインキャストの1人である東出昌大が起こした不倫騒動の悪影響が不安視されていたが、コロナ禍による公開延期が功を奏したか、ここまでは「問題なし」と言っていいだろう。

東出は同作のプロモーションで、情報番組『ノンストップ!』、バラエティの『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』に出演。さらに2018年放送のドラマ『コンフィデンスマンJP』が全国各地で再放送され、2019年公開の映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』も地上波テレビ初放送されたが、東出をバッシングする声はそれほど聞こえてこなかった。

photo by gettyimages
 

その東出は今月1日に離婚を発表したが、元妻の杏が寛大な対応を見せたこともあって、ここでも以前ほどのバッシングはなし。今秋公開の映画『おらおらでひとりいぐも』『スパイの妻』への出演も控えているなど、世間の顔色をうかがいながらではあるものの、ほぼ本格復帰と言っていいだろう。

一方の唐田えりかは、ここまで復活の兆しゼロ。週刊誌記者や芸能レポーターたちが唐田の近況を撮り、インタビューをしようとしているが、その姿を見かけることはない。

しかも、東出と杏の離婚が成立したことで、「妻子を不幸にした悪女」という見方を覆すことが極めて困難になってしまった。騒動から半年以上が過ぎた今も、厳しい状況が続いていることは間違いない。