# エンタメ # 女子アナ

「女子アナ30歳定年説」を覆した、テレ東・相内優香アナの“美貌と底力”

愛称は『むっちむちのタヌキ』

愛嬌あるタヌキ顔とぽっちゃりボディ

これまで「女子アナ30歳定年説」が強くささやかれてきた中で、30代になって輝きを増しているのは、テレビ東京の相内優香アナ。

テレ東の相内優香アナ
 

学生時代に「ミス立教コンテスト2004」で準グランプリを獲得した美貌の持ち主は、08年にテレビ東京に入社。主にスポーツとバラエティ番組を任され、「ポスト大橋未歩」として期待されていた。

「愛嬌のあるタヌキ顔とぽっちゃり豊満ボディにくわえ、番組内で天然イジられキャラで頭角を現すと、視聴者人気も右肩上がり。局内でも『むっちむちのタヌキ』の愛称で親しまれていましたが、11年に二股疑惑が“フライデー”されると、直後に担当していた番組を降板。なかば干される形になってしまったのです」(女子アナウオッチャー)

それでも、そこから這い上がってきた相内アナは見事に復活を遂げる。主戦場を経済番組に移すと、ジャーナリストの池上彰の「相棒」としてかかせない存在になっていく。

「もともとの出会いは10年に『池上彰の選挙スペシャル』で共演してから。その後もBSの番組や14年から放送された『池上彰の経済教室』のアシスタントを担当しています。わからないことがあれば、恥ずかしがらずに何でも熱心に質問してくる姿勢を気に入り、池上さんが指名したそうです。2人のコンビは息ぴったりで視聴者からも好評なので、報道特番でも海外取材に一緒に行くことも多い」(テレ東関係者)