〔PHOTO〕iStock

「an・an」の〈セックス特集〉に、巨大な変化が起きていた…!

「愛され」から「女性の主体性」へ

セックス特集が映し出すもの

セックス特集は時代を映すひとつの鏡。8月5日に発売された雑誌「an・an」No.2212を手に取り、そう感じる。毎年恒例のセックス特集。今年はアイドルグループHey! Say! JUMPの山田涼介が表紙&巻頭グラビアで肉体を披露しており、その是非について議論が巻き起こった。

 

かつては女性が性の知識を得るといえば、雑誌や書籍など紙媒体からがほどんどだった。女性週刊誌だけでなく、「Popteen」のようなティーン誌から「婦人公論」まで、セックス特集がコンスタントに組まれ、筆者も親の目を盗んで読んだり友だち同士で騒ぎながら回し読みしたりしていた。ファッション誌「MORE」恒例の「モア・リポート」も楽しみだった。

そのなかでも「an・an」のセックス特集は、異質な輝きを放っていた。筆者がメインのターゲットとなっていた90年代後半から00年代には、都会的かつ先進的な性生活というイメージで一線を画していたと記憶している。

旬なタレントが登場するとセクシーグラビアが話題になるが、それだけでなく「こんなに堂々とセックスの話をしていいんだ!」というメッセージを感じた。付録でAV女優主演でマスターベーションの仕方を指南するDVDがついていたことがあるが、女性目線の映像が美しく、マスターベーションへの後ろめたさが払拭された女性は多かったのではないか