片づけのプロからの
指南を受けた小学生の技

私が初めてナルちゃん師匠と会ったのは、彼女が小6になる前の春休みのことだ。

ママと一緒に家に遊びに来た彼女は、見た目は小柄でかわいらしい女の子だったが、中身は小学生とは思えないほど冷静なしっかり者だった。

台所の油汚れが一発で落ちる「セスキ炭酸ソーダ」を教えてくれたのもナルちゃんだし、ママと一緒に、家の台所の床をピカピカに磨いてワックスをかけてくれたのもナルちゃん。

それ以来、私はナルちゃんを「師」と仰いでいる

折原家の台所の片づけを指南してくれるMさんとナルちゃん。神! 写真提供/折原みと

何をかくそう、「冷蔵庫マスター」のMさんは、冷蔵庫整理だけは得意だが、部屋の片づけはなぜか苦手。Mさん宅の片づけ担当は、娘のナルちゃんだという。

しかし、ママが片づけ苦手なのに、ナルちゃんはどうやって「片づけスキル」を身につけたのだろうか?

不思議に思って聞いてみると、ママのお友達が「ライフオーガナイザー」という片づけのプロで、その方の指南を受けたのだそうだ。

-AD-

その時、ナルちゃん師匠が片づけ術を学んだ一冊の本がある。

10歳からはじめるライフオーガナイズ、小学生のための楽しい片づけ』(一般財団法人日本ライフオーガナイズ協会著)

「小学生向けだから、読みやすいしわかりやすいよ~」という師匠のおススメで読んでみると、あらホント!
片づけの基本が段階的に、理路整然と説明してあって、とてもわかりやすいのだ。

折原さんの「指南書」読み込んでいる 写真提供/折原みと

しかも、その考え方やテクニックは、物質的な片づけ以外にも役に立つ。
まさに「人生の片づけ術」!!

ちなみに、この本の中のチェックテストで、私の「片づけレベル」はかなり低かった……。

が、そんな私でさえ納得&やる気になる片づけ術、「ライフオーガナイズ」
小学生向け指南書を紐解きながら、ナルちゃん師匠から教わった技をご紹介しよう。