ペット業界の深い闇…子犬や子猫を量産するヤバいブリーダーがいる現実

「パピーミル」「キトンミル」をご存知か
石井 万寿美 プロフィール

猫の発情やその期間、年に何回産むのか?

猫の発情は、早い子は生後4カ月できます。

猫も人を同じように時間で刻んでいると思われているかもしれませんが、猫は季節繁殖動物で、一定の季節に繁殖活動を行う動物なのです。犬とは、全く違います。

長日性季節繁殖動物と呼ばれて「日照時間」が長くなるとメス猫が発情するのですのです。

避妊手術をしていない猫を観察しているとわかると思いますが、月一度でなく、何回も発情がきています。

人のように膣から血のような成分が排泄されないので、人には発情がわかりにくいのです。以下のようなことが起きるようになります。

・クネクネする。
・懸命に家出を試みる。
・近寄ってくる。
・オス猫が寄ってくる。

 

飼い主にはわかりにくいですが、猫同士ではすぐわかるようです。

日照時間が伸びた1月から9月ぐらいが猫の発情期になり、日照時間の短い10月から12月は発情しません。

猫の妊娠期間は、2カ月少しなので、暖かい時期に子育てなのでいいのでしょう。2カ月の妊娠期間を経て、3月生まれから11月生まれるになるわけです。自然界だと、12月から2月生まれはいないのです(現実には、猫は1年中、生まされています)。