〔PHOTO〕iStock

ペット業界の深い闇…子犬や子猫を量産するヤバいブリーダーがいる現実

「パピーミル」「キトンミル」をご存知か

コロナ禍で、にわかペットブームになっています。家にいる時間が長くなり、見ているだけで癒しになるペットを求める人が増えていることは理解できます。SNSの中では、かわいい犬や猫の動画や写真で溢れていますから。

一般的には、ペットショップで、犬や猫を購入する人が多いです。行政や保護団体から、ペットの里親になるという方法もありますが、手続きが面倒だったり、飼い主がひとり暮らしだったり、年齢的に難しいなどの理由でなかなか浸透しません。

今回は、お店にキラキラと並んでいる犬や猫の繁殖、そしてヤバいブリーダーについて考えましょう。

〔PHOTO〕iStock
 

ペットショップの犬や猫はどこからやってくるのか?

日本のペットの流通経路は以下のような流れです。

つまり、犬や猫を繁殖させて、子犬や子猫はオークションに出され、その子たちをペットショップが購入して、ガラス張りのケースに並べて販売します。

年間数十万匹のペットがこのようなルート通っています。ここには、命の大量消費、大量販売を前提としているペットビジネスが存在するのです。

(*)改正動物愛護法により、ペットショップの販売ができる犬や猫は、生後56日(8週)からになりました。