YouTubeも大人気! YouTubeチャンネル・HELLO KITTY / ハローキティ【Sanrio Official】より
# SDGs

ハローキティ、ここへきて「SDGs」を推している意外なワケ

仕掛け人が明かす

キティちゃんが「SDGs」活動をしているワケ

キティはいま、自身のYouTubeチャンネルを通じて、SDGsにまつわる日本の活動を取材し、紹介しています。

昨年9月、国連本部アミーナ・モハメッド国連副事務総長から、「世界中のSDGsについても伝えて欲しい」と依頼を受け、国連との共同プロジェクトとして「#HelloGlobalGoals」を立ち上げることになりました。

そこでは、キティ自身がバングラディシュにあるロヒンギャやヨルダンの難民キャンプを訪れたり、タイのタオ島ではサンゴを守る活動に参加させてもらったりと、世界中の現場からいま起きている問題を伝える「自撮り動画」を投稿、同時に英語版も配信し世界中で話題を呼んでいます。

そして、先日発売されたばかりの雑誌『FRaU』では、ハローキティが表紙を飾りました。FRaUは女性誌でありながら一冊丸ごとSDGsを取り上げた特集号を出していて、今回は日本が取り組むSDGsがテーマだということで、キティに出演オファーをいただいたのです。

ハローキティが表紙となったFRaU8月号
 

YouTubeを通じてグローバルな活躍をみせるキティですが、その世界的な人気ぶりはいまに始まったものではありません。

1970年代から日本の「かわいい」を牽引するキティが、海外のジュエリーや化粧品、アパレルブランドとのコラボを重ね、海外ライセンス事業を拡大し、現在は世界130ヵ国・地域で年間約5万種類のグッズが販売されています。

また、ロサンゼルスのアートミュージアム「MOCA」で開催された誕生40周年を祝うイベントには、26,000人ものファンが訪れました。