illustration by gettyimages

ノーベル賞最有力候補「ゲノム編集」が本命とは言えない理由

受賞を遠ざけている2つの問題とは

なぜゲノム編集研究はノーベル賞受賞を逃しているのか

ゲノム編集は、生物の遺伝情報を正確に改変できるバイオテクノロジーである。この技術にノーベル賞が授与されることを疑うライフサイエンス研究者はおそらくいない。

しかしゲノム編集が、ここ2、3年、筆頭候補として挙げられ、メディアからも9月になると毎年のように問い合わせを受けるが、連続して受賞を逃している。これだけの技術なのだから、開発されて日が浅くても受賞してもおかしくないのになぜ? と、研究者を含めて多くの人が疑問に思っているかもしれない。

しかし、これにはいくつかの理由が考えられる。1つには、ゲノム編集の技術の権利関係が非常に複雑で、基本特許について裁判が複数の国で続いていることがあげられる。

米国カリフォルニア大学バークレー校(以下UCバークレー)のジェニファー・ダウドナ博士と独国マックスプランク研究所のエマニュエル・シャルパンティエ博士は2012年に画期的なゲノム編集ツールであるクリスパー・キャス9を開発した。ほぼ同時期にリトアニアのビリュニュス大学のビルギニユス・シクスニス博士も開発を発表した。

【写真】ジェニファー・ダウドナ博士とエマニュエル・シャルパンティエ博士ジェニファー・ダウドナ博士(左)とエマニュエル・シャルパンティエ博士 photo by gettyimages

加えて、世界のゲノム編集研究者がクリスパー・キャス9の開発に乗り出し、米国ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学が共同運営するブロード研究所(以下ブロード研)が次々とクリスパーに関連する技術開発を進めてきた。

ノーベル賞候補者としては、前述のダウドナ博士とシャルパンティエ博士、シクスニス博士に加えて、ブロード研のフェン・チャン博士があげられる。

裁判係争中の特許問題に影響?

ゲノム編集は、生物学や医学の基礎研究に飛躍的な進歩をもたらしただけでなく、この技術の爆発的な開発スピードは、産業利用(微生物での高機能物質産生、作物の品種改良、創薬や治療)においてもすでに莫大な利益を生み出しつつある(ゲノム編集・ゲノムエンジニアリングの世界市場は、2025年には約1兆2000億円と予測されている)。研究成果については、研究者や研究機関が特許権を獲得して、産業利用には権利者へ使用料を支払う必要がある。

ゲノム編集の基本特許権については、UCバークレーとブロード研が、研究者を巻き込んで5年以上に渡って紛争していることは有名である。皮肉にも、このことがノーベル賞が確実視されるクリスパー・キャス9を受賞から遠ざけている可能性がある。

【写真】ブロード研究所カリフォルニア大学バークレー校と5年以上に渡って紛争しているブロード研究所 photo by gettyimages

仮に裁判係争中にノーベル賞が授賞されれば、誰がノーベル賞を受賞するのかによって裁判に少なからず影響を与える可能性も否定できない。しかも国によって、UCバークレーとブロード研のどちらの特許が優位なのかの判断が異なり、産業利用のためには複数の権利者に企業は使用料をはらう必要性も生じている。

ゲノム編集の産業理由においてはこのような複雑な状況ではあるが、作物の品種改良ではクリスパー・キャス9の特許を特定の企業を介して利用できるように調整が進んでいる。ゲノム編集は世界規模の問題を解決できる技術であるので、特許の問題を調整して様々な産業分野での利用促進を図ることが重要であろう。