Photo by iStock

「ついしたくなる」で人の行動を変える『仕掛学』の奥深き世界とは?

きっかけはAIにはできない「気づき」
街かどにゴミ箱が2つ、置かれていたとします。1つはごく普通のゴミ箱、もう1つのゴミ箱の上にはバスケットボールのゴールがセットされています。もし、そのとき自分がゴミを手にしていたら、ついゴールのある方に入れたくなりませんか。

このように人間の行動を「ついしたくなる」ように仕向けるのが「仕掛け」の力です。では、具体的にどのような仕掛けをすれば、どのように人の行動が変わるのか。

それを突き詰める新たな研究分野『仕掛学』を提唱するのが大阪大学大学院経済学研究科・松村真宏教授。あるとき動物園でなにげなく目にした装置からヒントを得て、仕掛けの魅力を発見した松村教授に、『仕掛学』の考え方と今後の展開について伺いました。
『仕掛学』を提唱する大阪大学の松村真宏教授

動物園で見かけた筒、その穴の先に見えたものは

──仕掛学を思いついた最初のきっかけは、大阪の天王寺動物園で見かけた筒だったそうですね。

松村 もともと私は人工知能の研究者でした。けれども、古くからある分野だけに多くの研究者が切磋琢磨していて、オリジナリティを出すのが難しい。そこで新たな研究テーマを求めてフィールドマイニングに取り組んでいました。

フィールドマイニングとは、フィールドに潜んでいる魅力を掘り起こす研究テーマです。私たちが日々暮らしている世界は、目に見えていたり耳に聞こえていながらも、意識に上ってこないモノやコトに満ちている。そんなものごとに何かのキッカケで、ふと意識が向かったときにおもしろいものが見つかります。フィールドでいろいろ探し回っているときに出会ったのが、天王寺動物園に置かれていた筒の仕掛けでした。

──具体的には、どのような仕掛けだったのでしょうか。

松村 まず形が望遠鏡に似ていました。だから「この中をのぞくと何か見えるのかな?」と誰もが自然に連想します。そう思って近づくと、筒の真ん中に穴が空いている。こういう穴を見つけると、人はついのぞき込みたくなるものです。

しかも、この筒の高さがよく考えられている。地上1メートル付近、子どもたちがのぞき込むのにちょうどよい高さです。筒の中をのぞくと、その先には象のウンチのオブジェが置かれている。まわりに説明などは一切ありませんが、子どもたちがそこで「わぁ~!」とか「きゃあ!」などと喜んでいると、自然にひと目を集めますね。

──楽しそうな仕掛けですね。

松村 まさに楽しさこそが仕掛けのもっとも重要な要素だと思っています。最初は何だろうと不思議に思って近づき、仕掛けにはまるとびっくりして行動が変わり、知らずしらずのうちに笑顔になっている。この最後に笑顔になるところがポイントです。

象のいるエリアに続く小径のわきに設置されている「筒」。子どもの目の高さにある筒の先には象のフンが置かれている。

体系的にまとめれば新たな「学」になる

──『仕掛学』という言葉を使いだしたのはいつ頃だったのでしょうか。

松村 そもそもフィールドマイニングの着想を得たのが2005年の末ぐらいでした。それからフィールドに潜む、おもしろいものの発掘に取り組み、2006年の夏に天王寺動物園の筒の仕掛けと出会いました。仕掛けに注目して探してみると、世の中にはいろいろな仕掛けがあります。そうした仕掛けを分析していくと、特定の傾向が浮かび上がってきました。現実の事象の背景から何らかの法則性を読み取れるなら、それは新たな学問領域として成立する可能性があります。そこで2011年度の人工知能学会全国大会で造語の『仕掛学』を使い始めたのです。