photo by Gettyimages

人間がAIにとって代わられて当然になる「職業」は、これだ!

情報の非対称性、高い専門的地位……

「対面」コミュニケーションはやはり重要だが……

昨日、久々に「会合」と呼べるものに参加した。十人強の人数で着席スタイルである。向かい合った長テーブルの席の横間隔が普段よりも長いのはもちろん、お互いに飛沫が飛ばないよう、向かい合うのではなく、対角線上に互い違いになるようセッティングしてあった。

しかも、十数人の会合であるにもかかわらず、演壇とマイクが用意され(多分大声で飛沫が飛ばないようにするため?)、1人話が終わるごとにスタッフがマイクをきれいに拭くという念の入れようである。

さらに、実際に食べ物を口に運ぶとき以外は、マスクをしている人が大半というかなりシュールな雰囲気であったが、それでも「リアルな会合」の良さをしみじみと感じた。

メール、SNS、さらにはZoomなどのネット環境で大概のコミュニケーションはとれるのだが「対面」でなければ伝わらないこともある。

photo by Gettyimages

私は「ところで情報」と呼んでいるのだが、主要テーマの話が終わった後「ところで……」という枕詞で始まるよもやま話の中に貴重な情報がある。

昨日も、ネット環境の中で絶対に伝わってこないであろう貴重な話を聞くことができた。ネット環境は効率的だが、逆に「ところで情報」のように一見無駄と思えるものも排除される。

だから、いわゆるAI化・IT化が進展しても「人間同士のつながり」の核心として「対面」を無視することができる時代は当面やってこないはずである。

しかしながら、参加者の話を聞く中で、一度ネット環境の便利さに慣れてしまうともう元には戻らないのではないか?と思える事例もたくさんあった。

「令和の黒船」とも言える新型肺炎の流行は、ただ惰性で続いてきた「習慣」の非効率さを白日の下にさらけ出した。

 

結局、「コストが高い、人間にしかできないこと」と、「コンピュータ化したほうが効率的」なことがはっきりと区分けされ、「コストが高い、人間が行っている非効率なこと」は加速度的に消滅するであろう。

それではいったい何が「人間が行うべきこと」で、何が「コンピュータが行うべきこと」なのか具体的に考えてみたい。